ご予約・お問い合わせはお電話で 0276-82-0699

安心・新鮮。そして感動する料理を作り続けて参ります。

あぶらや農園の野菜
米

自家園芸(あぶらや園芸)において真心こめて作った自家栽培米コシヒカリを100%使用しております。

野菜

自家園芸(あぶらや園芸)による安全・安心な健康野菜です。自家菜園で旬なものを朝採りならぬ今採りで採りたてのみずみずしさをご提供いたします。

魚

旬素材とお客様との一期一会の為に新鮮でおいしい魚介類を味わって頂きたい。季節ごとに旬の素材を逃さないよう卸売市場に直接出向いて仕入しています。

肉

牛肉はのびのびとした環境で育てた、柔らかなうまみたっぷりの上州牛を使用しております。鶏肉は恵まれた環境で新鮮な穀物飼料を使いじっくりと育てた上州麦風どりを使用しております。うまみとコクが格別です。

お漬物

旬素材とお客様との一期一会の為に新鮮でおいしい魚介類を味わって頂きたい。季節ごとに旬の素材を逃さないよう卸売市場に直接出向いて仕入しています。

あぶらやの料理を彩る匠たち

米・野菜 あぶらや園芸 代表 延山正光さん

当園は米・麦を中心に二毛作で生産・出荷しております。和膳処あぶらやさんに卸している米は、板倉町南部また北川辺地区で真心込めて作った自家栽培米こしひかり100%です。この米は粘りがあり、もっちりとした食感でつや、香りが優れ、弾力があり、甘みがある。そして冷めても美味しいという特徴があります。自信を持って作ったこの米を使って、和膳処あぶらやさんの技術で炊き上げる釜めしは、全国探してもここだけだと思っています。そして野菜は、紅しぐれ大根、ニガウリや春菊など年間を通じて様々な野菜を生産し出荷しています。安心安全な「今採り野菜」をぜひご賞味ください。

(株)刈込水産 代表 刈込 知昭さん

近海は元より、世界中様々な漁港より仕入れたマグロを卸しております。魚介も全国より水揚げされた旬の魚たちをいち早くあぶらやさんに納めています。
鮮度が命ですので、延山社長には、ほぼ毎日お越しいただき、目で見て触れて確かめてお買い求めいただいております。

道産鮮魚 大幸水産(株) 代表 堀 知さん

私たち大幸水産は大海から生まれた海の幸を、美味しさに安心と安全をプラスしてあぶらや様にお届けしております。私は小さなころから本物の魚を食べることで豊かな味覚、そして感性を磨き、「口福」を感じられるお手伝いをしたいと思いました。イクラやホッケなど北海道でしか味わう事の出来ない海の幸を提供させていただき、お客様に喜ばれることで自分たちも満たされる心の涸足を大切にしていきます。

醤油(生醤油) (株)刈込水産 代表 佐々木 博さん

岩手県石巻市にある百余年の歴史伝統を持つ老舗醸造元「佐々長醸造J です。日本百名山のひとつ、霊峰早池峰山を仰ぎ見る地で、先人逹が築いてきた知恵、手法を頑なに守り、醤油を造りつづけている醸造元です。
当社の醤油は、恵まれた大自然の中、古い歴史と新しい技術に培われた「こだわり」の品です。あぶらやさんの生醤油は岩手県産の原料と当社自慢の早池峰霊水を用いて仕込み、しっかり熟成した諸味だけを選んで絞った濃口醤油です。無添加ですので、当社の醤油独特の香りと味をお楽しみ頂けます。

JA邑楽館林 ミートセンター 村野 智弘さん

JA 邑楽館林ミートセンターでは、上州牛・はつらつ豚・榛名麦風どりを、あぶらやさんに提供しております。ここ群馬県は利根川水系の上毛三山(赤城山・榛名山·妙義山)に囲まれた畜産が盛んな地域です。まさに群馬の自然と大地に育てられた味の逸品です。この機会に是非ご賞味ください。

水耕栽培リーフ (有)オオクマ園芸 代表 大熊 正道さん

料理人が作り出す芸術的にな一皿、そのアクセントとして葉菜類やハーブ類の幼い葉を提供しています。当園のリーフは、まだ十分に成長していない栄養素が凝縮されている段階で摘み取るので、従来の生鮮野菜に比ベミネラルやビタミンが豊富に含まれている安心安全の水耕栽培のベビーリーフです。

ソーセイジ (株)ミート工房かわば 代表 平野 真樹さん

群馬県川場村の大自然とドイツ仕込みの職人技が生んだ手作りハム·ソーセイジは、味や製法にこだわり厳選した素材の天然羊腸・天塩を使用するのはもちろん、添加物を最小限に抑え、防腐剤や着色料を一切使わない安心の美味しさです。あぶらやさんを通じ、これからも多くのお客様に本物のハム・ソーセイジを味わっていただくため、あらゆる努力を頂ねてまいります。この機会に是非ご賞味ください。

日本酒 永井酒造(株) 代表 永井 則吉さん

永井酒造株式会社は、清らかな川場の水を活かした酒造りで、「水芭蕉」「谷川岳」といった銘酒を世に送り続けています。群馬県川場村の奇跡が生み出した米の魅力をいかに表現するか、日本の自然・食文化をいかに伝えるか、米の酒で、食のひと時を豊かにしたい、そして世界に名の通る日本酒を造りたいという思いを込めて、日本酒の新たな可能性をあぶらやさんに提案しております。

(株)ヤブシタ 代表 薮下 和弘さん

(株)ヤブシタは、創業より50 年を数える弊社ならではの豊富なノウハウと確かな知識であぶらやさんだから出来る演出をプロデュースさせていただいております。また、信頼のネットワークをフルに活用し、最新の有田焼陶磁器、新メニュー案、最新調理器具の導入など「食」に携わるすべての事へのお役立ちが出来ればと思っています。

屋号「あぶらや」の由来

和膳処あぶらや

「あぶらや」は延山家の屋号でございます。

今から遡ること約二百年前、「あぶらや」という屋号で菜種油を大名に収める商いをしておりました。
現在、当店が落款に使っている「久左衛門」というしるしは、そのご先祖様の名前です。
先人が築き上げた商いの心を脈々と受け継ぎ、私はこの「あぶらや」を沢山の人に知ってもらいたいとの思いで、屋号に「あぶらや」と命名いたしました。